中学生

気軽に質問や集中できる環境づくりがカギ

子ども部屋にこもって勉強するのではなく、リビングやダイニングといった両親の目の届く範囲で、コミュニケーションをとりながら勉強する学習方法です。生活環境の変化にともなって、近年は多くのご家庭で実際に行っているとも言われています。

学習だけではなく、親子同士が近い環境で過ごすことにより親子の絆も深まり、家庭環境をよくするプラスの効果も働きます。がんばる舎の教材は親子で答え合わせをするプリント教材だから、リビング学習とは相性ぴったり。是非ご参考にしてみてください。

学校の授業に合わせた
学習プランを立てよう

がんばる舎では学校の教科書に合わせた教材をそろえております。お子さまの意見を尊重し、まずは今後の学習プランを立ててみましょう。

できる限り自主性をもって勉強に取り組めるように、無理のない計画がおすすめです。学校の予習、復習やテスト勉強用にも、さまざまなシーンでご活用いただけます。

この問題から初めようか

苦手分野も克服しよう

前に解いた問題かな~

「不得意なこと」をはじめると勉強をやらされている気持ちになり、勉強に対してやる気がでない原因の一つです。時にはわかるところまでさかのぼって見直してみるのも大切。

お子さまの悩んだ姿が目に入ったら、まずは話を聞いてみて、保護者さまも一緒になって考えてあげるのもリビングで学習するメリットです。

苦手分野の
解消ポイント
  1. 「わかるところ」までさかのぼってみましょう
  2. 得意分野を伸ばして、まずは自信をつけましょう
  3. 保護者さまも一緒に調べたり、考えてあげましょう

静かな環境が集中できるとは限りません。兄弟で一緒に始めるのもおすすめ

リビングを活用すれば、隣同士で別々の勉強をやっていても意外に気になりません。誰かいるという程よい距離感が安心でき、保護者さまが近くにいれば、気軽に質問することもできます。息抜きに弟や妹の勉強を見てあげるといったことも、自然と作りやすい環境と言えます。

お姉ちゃんと一緒に勉強♪

集中できない時は個室へ移動

部屋に移動しようかな

中学生になると徐々に個室での勉強も増えていきます。気分を変えて自分で勉強場所を自由に選ぶこともお子さまの自主性につながります。

1人での集中タイムは話しかけないで

集中している時は、話かけずそっとしてあげるのも勉強する上での環境づくりの一つです。「一人で黙々とやる」ことも大切です。

集中力が
続かない時の
ポイント
  • 勉強する場所を変えてみよう
  • ひと息ついて机の周りを整理してみよう
  • 外の空気を吸ってリフレッシュしよう

わからない問題は一緒に調べてあげよう

中学生になっても、わからない問題は保護者さまが教えたり、一緒に考えてあげる環境は大切です。時には辞書、参考書、インターネットなども使って調べる習慣を身につけましょう。

お子さまと同じ目線で問題を解答することで、達成感が共有でき、モチベーションアップにもつながります。

この問題のこと載ってるね

時にはスマホを触ってもOK

わからない問題や単語を調べたり、時には問題の解き方をインターネットで質問するなど勉強時に活用するお子さまは多いようです。調べるふりをしてゲームしたり、好きな動画を見ていたりする場合もあるので、適度に“声かけ”をしたりルールを決めて上手な活用方法を決めましょう。

終わった後は何気ない会話を楽しもう。

今日学校でね・・・

勉強が終わった後は、学習モードから切り替えてゆっくりブレイクタイム!リビング学習のメリットは、そのまま親子同士で学校での話をしたり、悩みを聞いてあげたりとコミュニケーションが図れることがポイントです。自然と親子の距離も縮まり、家庭環境をよくする効果も得られるはずです。

がんばる舎の教材で学習を始めよう

学校の教科書に合わせた
学年ごとの3つのコース